Wednesday, March 11, 2015

「憂鬱でなければ、仕事じゃない。」て言うけれど。

Hi, it's Reika.

「憂鬱でなければ、仕事じゃない。」社長の言葉のなかでも好きな言葉の一つ。
社会人一年目で、何も大したことをしていないのにもがき苦しんでいた時にこの言葉に救われた気もします。
つまり好きな言葉だし、共感するんだけど、やっぱ「仕事が楽しい!」と思う時は最高だよなぁ、とも。



実際心から仕事を楽しんでいる先輩が周りに沢山いるし(勿論憂鬱な局面がその中には沢山あるんだろうけど)、1週間の7分の5を費やすわけだから楽しいと感じた方が良い結果に繋がるでしょう。



何が言いたいって、一昨年の暮れとかは本当に仕事が辛くて辛くて(※大した仕事はしていないのに)毎日デスクで文字通り涙を流していた程だったから、なんとなく自分の中で「辛くない=頑張っていない」のではないか、と思ってしまうのだけど、そーーーーんなことないよね?ていう、思考の整理。



いつも思っていることの思考メモ3点。

  1. 仕事の悩みは仕事でしか解決できないし、仕事で得られる高揚感は仕事以外では得られない、という持論。
  2. Never miss an opportunity to be fabulous. チャンスはチャンスの顔をしてやって来ないよね。
  3. 結局は全て、人と人。It's people, people and people.



755で見つけて気に入った見城さんの言葉♪
憂鬱でなければ、仕事じゃない。 
苦しくなければ、努力じゃない。 
淋しくなければ、恋愛じゃない。(見城 online)
ストン、と落ちるよねぇ。
今一番自分に課したい努力は、、、早起きです。。orz



社長の新刊楽しみだな!♡
運を支配する』、勿論予約済です~。

なぜ運は特定の人に集中するのか? 
東証一部上場のベンチャー経営者と、無敗伝説の雀鬼が突き止めた39の“ツキの極意”とは。
勝負でたまにしか勝てない人と、勝ち続ける人ではいったい何が違うのか――。
麻雀でも、ビジネスの世界でも、懸命に努力したからといって必ず勝てるわけではない。
勝負に必要なのは、運をものにする思考法や習慣である。
その極意を知っている人と知らない人とでは、人生のあらゆる場面で大きな差がつくのだ。
「『ゾーン』に入る仕掛けをつくる」「パターンができたら自ら壊せ」「ネガティブな連想は意識的に切る」「違和感のあるものは外す」等々、
20年間無敗の雀鬼・桜井氏と、「麻雀最強位」タイトルホルダーのサイバーエージェント社長・藤田氏が
自らの体験をもとに実践的な運のつかみ方を指南。

気になるなる!


Grateful days,
伶佳

Please follow me on instagram! :))